食べ物で改善!シミとさよなら

シミを予防する食べ物について

年齢とともに出てくるシミ、一つあるだけで見た目の印象も大きく変わってしまいます。シミをこれ以上増やさないためにも日ごろからシミを予防する食べ物を摂っていきたいものです。シミ予防で代表的とも言える栄養素はビタミンCとビタミンEですね。さらにコラーゲンやβーカロテンなども積極的に摂取すべき栄養素です。ではまずビタミンCとビタミンEについて紹介していきましょう。ビタミンCには抗酸化作用があり、メラニン色素の発生を抑え、色素沈着を防ぐ働きがあります。また、予防するだけでなくシミやソバカスを薄くする働きもあるため積極的に摂取したいものです。キウイやレモン、キャベツや緑茶にもビタミンCは含まれています。次に、ビタミンEにはアンチエイジングや新陳代謝を高める作用があり、ビタミンCと一緒に摂りたい栄養素です。ビタミンEはアボカドや大豆、緑黄色野菜にたくさん含まれています。

コラーゲンとβカロテンでシミ予防

シミ予防に大切なのはビタミンCとEだけではなりません。コラーゲンやβカロテンも大切です。コラーゲンはタンパク質の一種で、体内のタンパク質の約三分の一も占めています。このコラーゲンが減少するとたるみだけでなくシミも悪化してしまう恐れがあるので、積極的に体内に取り入れていきたいものです。コラーゲンが多く含まれているのは牛筋や手羽先、うなぎやサバといった食べ物です。次に大切なのはβカロテンです。βカロテンは緑黄色野菜に多く含まれており、紫外線を浴びてダメージを受けたお肌を修復したり、メラニン色素の発生を抑える働きがあります。かぼちゃやホウレンソウなどの色の濃い野菜はシミ予防のためにも積極的に摂取していきましょう。

© Copyright Causes Of Spots. All Rights Reserved.