シミってそもそも何?なぜできるの?

シミができるメカニズム

そもそもシミとは、メラニンという色素が皮膚に沈着してしまったものを指します。皮膚の構造は外側の表皮と内側の真皮からなっていますが、表皮の一番下にあたる基底層にメラノサイトと呼ばれる色素細胞があります。このメラノサイトは紫外線を浴びるとメラニンを生成。通常は約28日周期のターンオーバーによって新しい細胞へと生まれ変わり、古い細胞が剥がれ落ちるのと一緒にメラニンも落ちていきます。しかし、何らかの理由でターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、メラニンの排出が滞るようになりシミとなるのです。また、活性酸素はメラニンを過剰に生成させる働きを持ちます。活性酸素を増加させるたばこやストレスなどもシミができる原因となります。

シミを増やさないための対策

シミを増やさないためにはメラニンを作り出す原因となる紫外線をガードすることが重要です。日焼け止めクリームや帽子、サングラスなどで対策すると良いでしょう。アスファルトや雪の反射でも紫外線を浴びるので、夏だけでなく一年中気を付けることが大切です。ビタミン類の中にはメラニン生成を阻害する働きを持つものもあるので、シミ予防に役立ちます。ビタミンCとビタミンEはお互い協力してコラーゲン成分の生成・維持を行い、ビタミンB2は新陳代謝を促進させる働きがあるので、すでにできてしまったシミにも効果的です。また、活性酸素を増やす元となるストレスを溜めないことも大切です。うまくストレスは発散しリラックスした状態で睡眠をとるようにしましょう。特に22~2時の睡眠は成長ホルモンが分泌されることで新陳代謝が活発になります。

© Copyright Causes Of Spots. All Rights Reserved.