もう悩まない!シミ対策

シミができる原因と予防について

シミができる要因は様々ですが、その中でも一番の原因となっているのは太陽からの紫外線です。では、紫外線を浴びることでどのようにシミが発生してしまうのでしょうか?太陽からの紫外線の中でもUVBと呼ばれる中波長の紫外線がお肌に当たることで、シミの元になるメラニン色素が大量に生産されてしまいます。そして、大量に生産されたメラニン色素が表皮細胞に移動して表皮全体に分布することで、周囲の皮膚より色素が濃いシミになって見えるのです。ですので、シミを予防するためには、紫外線を浴びないことが一番です。日焼け止めを塗るのはもちろんのこと、紫外線が強い場所に行く場合は帽子や日傘をさし、UVカット機能のある服を着るのもお勧めです。

シミができてしまったらどうすればいいの!?

鏡を見るといつの間にか出来ていたシミに驚いた方は多いと思います。予防をしっかりしていても、いつの間にか出来ているシミ、一体どうすればいいのでしょうか。基本的に、市販の美白化粧品ではシミを消すことはできません。美白化粧品はシミの生成を防ぐ効果は期待できますが、シミを消す効果はほとんどないのです。唯一シミを薄くする効果が期待できるのは、ハイドロキノンという成分が含まれた化粧品です。ハイドロキノンとは、色素を分解する効果がありお肌の漂白剤とも呼ばれています。効果が強いため、医師の処方の元でしか使用ができませんでしたが、薬事法が緩和されてからは化粧品にも配合されるようになりました。ですが、もし完全にシミを消したい場合は、化粧品ではなく皮膚科や美容クリニックでレーザー治療を受けるのが一番良いでしょう。

© Copyright Causes Of Spots. All Rights Reserved.